・本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
・Amazonのアソシエイトとして、当サイト(より良い生活)は適格販売により収入を得ています

知らなかった!スマホのGoogle検索でサメが3Dで部屋に現れる!!猫も恐竜も![AR]

アイキャッチ Google検索 3D体験記

こんにちは、Noko(のこ)です! 

先日、ビックカメラパソコンStyle(@biccameraP)さんのツイートで興味深いものを見かけました。

そのツイートがこちらです↓

Google検索で、「いつでもどこでもだれとでもサメを召喚することができる!?」
…気になったので、実際にやってみました!

3Dのサメを出す方法

スマホでGoogleを使って、「サメ」を検索します。

検索結果の中に「実物大のホホジロザメを近くで見る」とあるので、その枠の中にある[3D表示]を押します。

Googleで検索 3D

そうすると、「オブジェクト」と「AR」の選択がでてきます。
ARを選択すれば、自分のいる空間にサメの3Dを出すことができます!
(対応していないスマホもあります)

実際にやってみた時の私のツイートがこちらです↓

リアルにできてますよね!
あまりの迫力に、ビビッてしまいます(汗)。

「サメ(3Dのオブジェクト)」は、上下左右に動かすことができ、ピンチでサイズ変更もできます!

3Dのサメについては以上です!

Google検索でできる3D表示

サメを表示した時に、「その他の動物」のところに様々な動物がいました。

google検索 3D サメ

3D表示できる「その他の動物」

「その他の動物」を見てみると、私の端末には以下の動物がありました。(2020年12月26日現在)

  • サメ
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ポメラニアン
  • フレンチ・ブルドッグ
  • ラブラドール・レトリーバー
  • ロットワイラー
  • パグ
  • ジャイアントパンダ
  • アライグマ
  • チーター
  • ヒグマ
  • イヌワシ
  • ボールニシキヘビ
  • アラブ種
  • ベンガルトラ
  • アメリカン・ショートヘア
  • マガモ
  • ナミハリネズミ
  • アンコウ
  • コウテイペンギン
  • シェトランドポニー
  • オジロジカ
  • コンゴウインコ
  • アオウミガメ
  • アフリカライオン
  • アメリカアリゲーター
  • タコ
  • シンリンオオカミ
  • ウサギ
  • アルパイン種
  • アフリカヒョウ

※下の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

Google 3D その他の動物1
Google 3D その他の動物2
Google 3D その他の動物3

3D表示できる「恐竜」

スマホからGoogleで「恐竜」と検索してもでてきました!
(「恐竜」と検索すると、「ティラノサウルス」が出てきました)(2020年12月27日現在)

Google検索 3D ティラノサウルス

「関連するモデル」を見てみると、私の端末には以下の恐竜がありました。(2020年12月27日現在)

  • ティラノサウルス
  • ヴェロキラプトル
  • トリケラトプス
  • スピノサウルス
  • ブラキオサウルス
  • ステゴサウルス
  • アンキロサウルス
  • プテラノドン
  • ディロフォサウルス
  • パラサウロロフス

※下の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。

Google 3D 恐竜

3D表示できるその他のもの

Google 検索 ヘルプ」ページを見てみると、『検索で 3D と拡張現実を体験する』という項目に「人体の解剖学における系統」や「細胞組織」、「文化遺産(アポロ 11 号の司令船とニール アームストロング)」などもありました。

私のスマホでは見られませんでしたが、項目に乗っているので、その他の3Dも見られる方は居るかもしれません♪

※CNET Japan さんの記事(2020年05月11日)では表示可能となってますね!
グーグル検索のAR機能、細胞やアポロ11号も表示可能に(CNET Japan)

さいごに

ビックカメラパソコンStyle(@biccameraP)さんのツイートがきっかけで、スマホからGoogle検索でサメなどを3D表示できることがわかりました。

様々な動物から恐竜に至るまで、とてもリアルに表現されていました。

色々な3Dオブジェクトを見た中で、私のお気に入りはこの子です↓

google検索 3D 猫
もちろん、ねこ!!かわいいですよね!

下の画像のようにARを使用すれば、自分の家にアメリカン・ショートヘアが居るように画像を撮れます♪

google検索 3D 猫 室内
廊下でAR機能を利用してスクショ。

ARを利用することで面白い画像を作れたり、絵を描く時の参考に出来たりするのではないかと思います♪
想像性が刺激されて、良い作品が生まれそうですね!

とても面白い機能だと思ったので、今回ご紹介しました。

対応機種の方は楽しんでみて下さいね♪

みなさまがより良い時間を過ごせますように!

体験記
この記事を書いた人

購入して良かった商品や日々学んでいること、おもしろいと思ったことを発信しています。
(※レビューはすべて自腹)
パソコン・スマホ・タブレットなどのデジモノ好き。
パソコン使用歴20年以上、Microsoft製品もApple製品も愛用。
株式投資は9年目。
闘病中のため、食・健康に良さそうなことも実践しています。

Nokoをフォローする
Nokoをフォローする
より良い生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました