・本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
・Amazonのアソシエイトとして、当サイト(より良い生活)は適格販売により収入を得ています

[日焼けしたくない!] 日傘の選び方は?日傘を選ぶときに押さえておきたいポイントは?【熱中症対策】男性も!

アイキャッチ 日傘2 商品紹介

太陽の強烈な光が照り付ける暑い時期…

直射日光に当たるのと日陰の中にいるのとでは、感じ方が全然違いますよね。

肌を刺すような強い日差しのに日には、日傘があるとないとでは大違いです!

日傘と言っても、傘の性能によっては感じる涼しさが違います。

紫外線を避けたい肌の弱い私が”日傘を選ぶときに確認するポイント”をお伝えします。

普通の傘との比較写真も掲載しました。

日傘選びの参考にしていただけたら幸いです。

男性用の日傘もあります。ページの最後に掲載しました。
日傘があるのとないのとでは暑さの感じ方が全く違うので、見た目より健康を大事に、まずは日傘を試してみて、使い続けるか検討してみてくださいね。

日傘の必要性

「日傘って必要?そんなに良いの?」

…と思われる方もいるかもしれません。

実は、私は使う前まではそう思っていました

しかし、しっかりとした性能の日傘を使ってみると以下の利点がありました。

  • 紫外線を浴びる量が減った
  • 肌への刺激が少なくなった
  • 流れる汗の量が減少
  • 身体のほてりも少なくなった
  • とても快適に外出できるように

(私の場合は、仕事での外出が増えたことが日傘の使用のきっかけでした)

…思い返してみてください。

汗ばむような夏の日に道を歩いているとき、建物や木の影を探して、できるだけ陰の中を歩くように移動しませんか?

日傘があれば、”自分だけの日陰”を作り出せます!

日陰を求めて移動する方には、手元に1本の日傘を。

使用すれば手放せなくなるほど、日傘の必要性を感じられると思います。

日傘を選ぶときのポイント

日傘といっても、いろいろな種類があります。

押さえておきたいポイントをご紹介。

「UVカット性能のある日傘」を選ぶ

日焼けを防ぐためには欠かせない”UVカット”機能。

UVカット機能が付いていて、かつUVカット率の高い傘を選びましょう。

「遮光率が高い日傘」にする

より暑さを和らげたいのなら、”完全遮光”の日傘を選びましょう!

日傘には遮光率というものがあります。

遮光率が高ければ高いほど光を遮ってくれるので、傘の下にいるときの暑さが抑えられます。

傘のデザインによっては完全遮光を選べないこともあります。

そんなときは、できるだけ遮光率の高い日傘を選びましょう。

遮光率が高いと、しっかりと光を遮断してくれます。

日傘
日傘の向こう側には太陽がありますが…どこに太陽があるかわかります?

光沢のある傘の裏
遮光率の高い日傘は内側がテカテカに加工されていることが多いです

「大きめのサイズの日傘」を選択する

大きめのサイズの日傘を選べば、顔周りだけでなく、腕周辺まで陰を作ることができます。

太陽が体に当たる箇所を少しでも減らせれば、より暑さを感じにくくなります。

用途に合わせて「形状」(折りたたみ?長傘?)を決める

長傘と折りたたみ傘

折りたたみ傘は軽量で、小さい傘が多いのが特徴的です。

持ち歩きにとても便利です。

炎天下の中歩く時間が少ない人や、荷物を軽くしたい人向けです。

持ち運びに便利な折りたたみ日傘

長傘は折りたたみ傘に比べると、大きく、しっかりしています。

炎天下の中を長い時間歩く人や、頻繁に日傘を使う人におすすめです。
(折りたたみ傘より長傘の方が開いたり閉じたりするのが楽なため)

(補足)晴雨兼用だと便利

日傘としての機能を備えつつ、雨にも対応している傘だと急な雨降りのときに助かります。

真夏のシーズンでも、急に天候が荒れるときがあります。

そんなときに日傘が雨にも対応していれば、傘を何本も持って出かける必要はなくなります。

傘と日傘を比べてみました

傘3本

手持ちの傘と日傘をくらべてみました。

比較に使った傘

  • 黒い雨傘
  • 白い傘(UVカット機能付き)
  • 黒い日傘(高遮光率、UVカット付き)

遮光率の違い

それぞれの傘を強い光を放つ太陽に向かってかざしてみました。

比較動画をYouTubeで観る↓
傘3種類
傘の白っぽく光っているところに太陽が位置しています
遮光
黒い雨傘
白い傘(UVカット機能付き)
黒い日傘(高遮光率、UVカット付き)

遮光率の高い傘がしっかりと光をカットしているのがわかりますね。

ただの黒い傘は、日光に向けると光を通します。

白い傘では、傘越しでも太陽が眩しいです。

暑さの感じ方の違い

個人的な感覚となりますが、暑さの違いを比べてみました。

暑さの感じ方
黒い雨傘暑い
白い傘(UVカット機能付き)暑い
黒い日傘(高遮光率、UVカット付き)あまり暑くない

黒い日傘(高遮光率、UVカット付き)は光を遮断してくれるので、他の2つに比べると、全然暑さの感じ方が違います。

黒い傘でも、UVカットや遮光の加工が施されていなければ、日差しが傘の下にも届き暑いです。

UVカット付きの傘でも、遮光率が高くなければ、日差しを感じるので暑いです。

まとめ:日傘を選ぶポイントを押さえて効果的な傘を選ぼう!

日傘を選ぶときに押さえておきたいポイントを振り返ります。

  • UVカット性能のある日傘を選ぶ
  • 遮光率が高い日傘にする
  • 大きめのサイズの日傘を選択する
  • 用途に合わせて形状(折りたたみ?長傘?)を決める

(晴雨兼用だと便利)

肌を刺すような強い日差しのに日には、日傘があると本当に快適に過ごせます。

日傘を使ってからは流れる汗の量が減り化粧崩れが軽減され、化粧直しの回数が減りました。

仕事での外出の増加が日傘の使用のきっかけでしたが、仕事だけでなく、プライベートでも日傘は大活躍してくれ、以来ずっと使い続けています。

日傘を使って、”自分だけの日陰”を。

自分に合った日傘を選び、暑い時期の外出をより快適にしましょう♪


使用した日傘、日傘を検索する

比較に使用した白い傘

関連商品


「遮光率100」「UVカット」で他の日傘を探す↓

商品紹介
この記事を書いた人

購入して良かった商品や日々学んでいること、おもしろいと思ったことを発信しています。
(※レビューはすべて自腹)
パソコン・スマホ・タブレットなどのデジモノ好き。
パソコン使用歴20年以上、Microsoft製品もApple製品も愛用。
気になるものや購入予定のものは、公式サイト、レビュー、口コミ、動画、SNSなどを徹底的に確認・比較することに時間と労力をかけ過ぎてしまうのが悩み。
株式投資は9年目。簿記2級を活かして?投資。
闘病中のため、食・健康に良さそうなことも実践しています。

Nokoをフォローする
Nokoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました